WiMAXのW06とWX06を比較!違いとおすすめなのは?

WiMAXのW06とWX06を比較!違いとおすすめなのは?

WiMAXのW06か新しいWX06か迷ってます。どちらがいいと思いますか?

そうですね。一長一短がありますので、2つの機種を比較してみて、重要なポイントを説明しますね!

WiMAXのW06とWX06を比較!違いとおすすめなのは?

まずはスペックを比較してみましょう!

 

  W06 WX06
メーカー HUAWEI NEC
通信速度(HS) 558/30 440/75
通信速度(HSP) 867/75 440/75
通信速度(有線) 1200/75 440/75
最大接続台数 16台 16台
連続通信時間 7.1~10時間 8.1~14時間
サイズ 約128×64×11.9mm 約111×62×13.3㎜
2.4GHz・5GHz同時利用
クレードル(充電台) なし あり
     

メーカー

W06はHUAWEI(中国)に対して、WX06(NEC)なので国内メーカーの違いがあります。

サイズ

ほぼ同一サイズです。縦横はWX06のほうが小さく、厚みはWX06のほうが若干薄い。

通信速度

Wi-Fi接続時、有線接続ともにW06のほうが性能が上です。

W06の最大の特徴は通信速度です。特に有線接続(USBケーブル)のときは、スペック上光回線なみです。

ただ、WiMAXは利用する場所で通信速度が変化します!無線(Wi-Fi)接続時は、そこまで性能差はないので、決してWX06がダメということではありません。

その証拠に、ぼくが使っているWX04は80Mbps程度の速度がでます。

この速度は光回線なみといっていいでしょう。

WiMAXは屋内で遅いのか?10秒で3倍の速度にする方法

最大接続台数

両者とも16台で同じ。

最大接続台数とは、端末(パソコン、スマホなど)を接続できる台数のこと。

WiMAXは1人~2人で使うことが多いと思いますので、十分な台数です。

連続通信時間

連続でWi-Fiを利用できる時間のこと。

少し、WX06のほうが長く通信できます。

2.4GHz・5GHz同時利用

W006は不可で、WX06は可能です。

2.4GHz・5GHz同時利用できるメリット

ゲーム機やカメラ、プリンターなどはWi-Fiで接続できるものが多くなってきています。しかし、2.4GHz帯で接続するものが多いのです。

ただ、速度面では5GHz帯を使ったほうが圧倒的に、速度が速い。

これまでは、速さ重視のときは5GHz帯を使って、プリンターなどを使うときは、WiMAX端末で2.4GHz帯にきりかえないといけませんでした。

この切り替えが結構めんどくさかったのですが、WX06では同時利用が可能となり、わざわざ切り替える必要がなくなりました!

クレードル(充電台)

W006は不可で、WX06はオプション設定ありです!

クレードルの特徴

  • クレードルにセットするだけで、充電ができる。
  • 通信速度が向上
  • LANケーブルが使える

LANケーブルが使えるのが個人的には最大のメリットです。

通信が安定(切れない)しますし、PS4のゲームもすぐに開始できます!

W06をおすすめする人

W06はUSB接続時のスピードが速い(スペック上)のが最大の特徴です。

WiMAX電波のが良好(速度が速い)ところでは、100Mbps超えの速度も期待できるでしょう。

逆に、そういったところで使うにはWX06でも不満はないということ。

ぼくが使っている旧端末(WX04)でも100Mbps弱の速度がでますからね!

100M弱のスピードがあれば、全然OKでストレスはありません。ぼくが社内SEをしていたころの職場では、80Mbpsくらいで、WEBシステムがバリバリ使えていましたからね!

ちなみに、YouTubeの4K動画をみるための速度は、20Mbpsでこと足ります。

(参考)YouTubeヘルプサイト

それでも何かしらスペック上の最大速度にこだわるなら、W06を選べば不満はないでしょう。

WX06をおすすめする人

WX06はスペック上の最大速度はW06に負けるものの、その他の機能が充実しています。

WX06のメリット

  • 2.4GHzと5GHz帯が両方同時に利用できるので、切り替え不要。
  • バッテリーも少し長くもつ。
  • クレードル(充電台)を買えばLANケーブルがさせる。

LANケーブルをさせる拡張性や、2.4GHzと5GHz帯が両方同時に利用できる便利さでは、圧倒的にWX06が上です!

まとめ:WX06が新しいし機能も充実しているのでおすすめ

W06は最大速度がWX06よりもスペック上高いのは事実です。

しかし、WiMAXに限らず光回線でも、使用する場所で速度にバラツキがあるのは事実なんです。

旧端末の(WX04)でも、ぼくの自宅は、エリア判定の電波状態は「◎」で80Mbpsの高速通信ができます。

対して、エリア判定の電波状態が「◯」のところでは、30Mbpsくらいでした。

30Mbpsあれば4K動画もみれることから、必要にして十分なスピードです。

このように、WiMAXは場所によって速度にバラツキがあるということ。

つまり、普通に使う分にはWX06で十分。

スペック上の最大速度よりも、2.4GHzと5GHz同時に利用できる便利さ、クレードルオプションがあり手軽にLANケーブルがさせる拡張性。

この機能があるWX06のほうが、普段つかいできっとメリットを感じれるはずです!

ぼくも契約した、最安のWiMAX販売店の解説記事はこちらです。

他の販売店と比較したいなら、検索ページをためしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA